万葉の森

新元号『令和(れいわ)』の発表後、典拠となった万葉集が脚光を浴び、万葉集の歌碑が設置されている万力公園「万葉の森」が話題となっています。万力公園「万葉の森」は、松、梅、すみれ、彼岸花など万葉集にうたわれた植物が公園内に多く自生していたことから、その植物の歌碑を園内にちりばめ、平成5年万力公園「万葉の森」として開園しました。 『令和』は万葉集巻五 梅花の歌三十二首の導入部分「令月にして気淑く風和ぎ」から引用されましたが、公園内には三十二首の一つ「わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも(大伴旅人)」の歌碑もあります。 このほか、万葉集には『林』の中で静かに息ずく『蘭』『松』、自由に飛び交う『蝶』や『鳥』、ひっそりと佇む『霞』提の遺構『雁』行堤など、この「万葉の森」に関する言葉がいくつも含まれています。 奈良時代に編纂された日本最古の歌集「万葉集」と、平成の時代に整備された「万葉の森」が、新たな元号『令和』の制定によって結びつくという、不思議な縁を感じざるを得ません。 広大な公園内にちりばめられた万葉歌碑を見つける散策にでる中で、万葉の文化に触れ、自然を味わい、この公園があなたにとって憩いの場となれば幸いです。

春の道

それぞれの季節の万葉植物が道沿いを彩る遊歩道です。たくさんの万葉歌碑にも出会えます。(約1,200m)
サクラの道~ウノハナの水~ヤマブキの道~ウメ園~ツバキの森~アセビの森~サクラの広場

春の道

春の道
春の野に  すみれ採(つ)みにと 来(こ)しわれそ
野をなつかしみ 一夜(いちよ)寝にける
(山部赤人/万葉集巻8-1424)

夏の道

それぞれの季節の万葉植物が道沿いを彩る遊歩道です。たくさんの万葉歌碑にも出会えます。(約500m)
アジサイの広場~ヤマユリの群落~フタリシズカの群落

夏の道

夏の道
一つ松 幾代(いくよ)か経ぬる 吹く風の
声(おと)の清きは 年深みかも
(市原王/万葉集巻6-1042)

秋の道

それぞれの季節の万葉植物が道沿いを彩る遊歩道です。たくさんの万葉歌碑にも出会えます。(約500m)
ススキ原~ナデシコの河原~ハギの道~ヒガンバナの群落~雑木の道

秋の道

秋の道
路(みち)の邊(べ)の 壱師(いちし)の花の いちしろく
人皆知りぬ わが恋妻を
(柿本人麻呂/万葉集巻11-2480)

万葉の歌碑

歌碑
わが園(その)に 梅の花散る  ひさかたの
天(あめ)より雪の 流れ来るかも
(大伴旅人/万葉集巻5-822)

万葉集より、この地に自生していた植物にゆかりのある26首が山梨市文化協会の協力のもと選考され、27基の歌碑公園内に設置されています。
ぜひ来園し見つけてみてください。

犬養孝さん・中西進さんの歌碑

万葉集の研究の権威であった(故)犬養孝さん、現・国際日本文化研究センター名誉教授・中西進さんのお二人に直筆で書いていただいた歌碑も設置されています。 歌碑の中でうたわれている植物や動物を見ることができ、歌と動植物を一緒に楽しむことができます。 広大な公園内にちりばめられた万葉歌碑を見つける散策にでる中で、万葉の文化に触れ、自然を味わい、この公園があなたにとって憩いの場となれば幸いです。

万力公園万葉の森・歌碑のうた一覧(PDF形式 182KB)
万力公園万葉の森・犬養孝さん・中西進さんの歌碑(PDF 115KB)

犬養孝 万葉歌碑

犬養先生の万葉歌碑は、「芝生の広場」の「夏の道」沿いにあります。歌碑の傍らからは、犬養先生のメッセージと万葉歌碑の解説が流れます。

歌碑
物思はず 道行く行くも
青山を 振り放け見れば
つつじ花 匂え乙女
櫻 花 榮え乙女
汝をぞも 吾に寄すとふ
吾をもぞ 汝に寄すとふ
荒山も 人し寄すれば
寄そるとぞ言ふ 汝が心 ゆめ
(作者未詳/万葉集巻13-3305)

中西進 万葉歌碑

中西先生の万葉歌碑は、「噴水広場」近くの「春の道」沿いにあります。

歌碑
一つ松 幾代か経ぬる 吹く風の
声の清きは 年深みかも
(市原王/万葉集巻6-1042)